悪いことがしたい、いい子でいたい

痩せたいけど、美味しいもの食べたい。貯金したいけど、観劇もコスメも我慢したくない。ゴロゴロしたいけどどこか遠くへいきたい。

月組『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』

2020の観劇収めは月組さんでした。

f:id:cheeezecakeaz:20201223233453j:plain

『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』

『ピガール狂騒曲』


まあみんな言ってたけど何度ウェルカムされるんやこれという和物ショー。
ウェルカム!ウェルカム!ウェルカム!ウェルカム!
チョンパであかりがつくと浮かび上がる。
わー!!宝塚ー!ってなるよね。

2020、オリンピック期間中なら海外の人にも見てもらうための作品だったのかもしれない。

みえこ先生のあの伏見稲荷的なシーン、みえこ先生の細くてまるで日本人形感。
最後まで娘役。

そしてれいこさんのシーンおおいね!
シャンシャンとれいこさんのソロシーン。
録音と合わせるのは大変そうだなあと。

そしてゆのとの鏡合わせのシーン。

衣装早変わりだ!ってなるのに結局最初のプロローグと同じ衣装になって、ウェルカムウェルカムで終わるの短いのもあってなんかあっという間に終わる不思議。

トップコンビが1番好きなのは花だけど、生徒の個性は月組が1番いいかもしれない。

そして植爺なのに盆が回る!と感動した。
セリも使えるの!!!
みえこ先生がせりあがって、そのままセリ下がるのは笑ったけど。


f:id:cheeezecakeaz:20201223233450j:plain

そしてピガール狂騒曲。

原田先生の作品だったのであんまり期待してはなかったからかすごい良い作品だと思った。

話としては馬鹿馬鹿しい話なのかもしれないけど、珠城さんの男女の演じ分けや、2番手れいこさんのおじさま、ちなつからんの同期コンビの味のある演技。

ムーラン・ルージュのショーはどことなく華やかなりし日々のジークフェルドフォーリーズのシーンを思い出す。

振付師、デザイナー、マネージャーとかジークフェルドフォーリーズの人達より強そうだった。

とにかく珠城さんの影武者のそうませれんくん背格好がとても似てるし、メイクも似せてあって

セリフとかはアテレコだけど、今回かなり目立ついい役!
綺麗な顔立ち。

早変わり忙しいなあジャックとヴィクトール。
でもジャックというかジャンヌから滲み出る女の子がすごく好き。

しょうがなく男のふりをしてるだけで心は乙女なんだなあって。仕草だったり。

シャルルとどこで恋に落ちるのかは全くわからないけど。
シャルルとめでたしめでたしなんだろうか。

ガブリエルは結局また顔だけで男を選んで失敗しそうだし、ヴィクトールはしょうもないおいたをたくさんしてそう。
というか、時代がちがうのもあるんだろうけどお貴族さまは、妾の子供が当たり前の時代なんだろうなあな気持ち。

女が男を演じる前提の宝塚で、女として男を演じる舞台をやる。
オスカルとは違う面白さ。

からんちゃんとちなつさんの絡みも、それに翻弄されるゆのの演じるボリスのボリ子ちゃんも絶妙。
ちなつさんのしょうもないおじさまも、からんちゃんの飲んだくれも愛しい。

ボリ子ちゃんが女装にちゃんと見えるのも良き。

おバカなヤクザもの達も。
まゆぽんのボスもれんこんさんもいい味出してた。
れんこんさんは部分休演していたので心配だったけど全然お芝居ではわからなかったし。

ありちゃんがもっと本編に絡む子だったら良かったかな?と思いつつ、楽しい観劇納めでした。

ロケットに出てから、男役群舞にでる男役さん達の暑そうでテカテカ具合がとても楽しい舞台でした。